1970年代のロックでおすすめのアルバム

目安時間 4分
[st-rank rankno="1" bgcolor="" color="#000" bordercolor="#ccc" radius="" star=""]Captain Beyond(キャプテン・ビヨンド) (1972年)[/st-rank]
[st-rank rankno="2" bgcolor="" color="#000" bordercolor="#ccc" radius="" star=""]エマーソン・レイク&パーマー「タルカス」[/st-rank]
[st-rank rankno="3" bgcolor="" color="#000" bordercolor="#ccc" radius="" star=""]イエス「危機」(原題:Close to the Edge)[/st-rank]
[st-rank rankno="4" bgcolor="" color="#000" bordercolor="#ccc" radius="" star=""]ゲイリー・ムーア「 ワイルドフロンティア」[/st-rank]

キャプテン・ビヨンド(Captain Beyond)は、1972年結成のアメリカのロック・バンドです。
ロッド・エヴァンス(Rod Evans) - vocalはディープパープルの初代ボーカリストです。

ファーストアルバム「Captain Beyond」は全体の曲がつながっているようなトータルアルバムという感じです。

ハードロックでメロディが良いと思います。ギターのリフもかっこいい。

お勧めの曲は

Thousand Days Of Yesterdays

ギターのカッティングが気に入ってます。

エマーソン・レイク&パーマーはイギリスのプログレ、ロックバンドです。 キースエマーソンがオルガン、ピアノ、シンセサイザーを弾いています。 MOOGというでかいタンスみたいなシンセサイザーとハモンドオルガンをライブで使って鍵盤に ナイフを突き刺したり、オルガンをゆらしたりします。 ムソルグスキーの「展覧会の絵」をライブ演奏したアルバムもあります。 残念ながら数年前に自殺したそうです。 アルバムの「タルカス」は最初の曲が20分ほどで長いです。 オルガン、シンセが好きな人にお勧めです。 https://youtu.be/WKNOlDtZluU

イエスもイギリスのプログレッシブロックバンドです。
プログレッシブは「進歩的なさま。革新的なさま。また、そのような人。」という意味です。

ゲイリー・ムーア「 ワイルドフロンティア」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
タグ
アーカイブ
プロフィール